シェフの日日是好日


エノレア アルテシンポジオのシェフ 荻堂桂輔の戯言集  
by artesimposio
プロフィールを見る
画像一覧

フグ肝・・・。

先日シェフによる料理教室終了後、ラ・テールの山本さんと”ひたすら生牡蠣を食べる会”・・・をやりました。

宮崎産殻付き牡蠣をとりあえず60個用意して、ひたすら殻を開けて、山本さんの持参のイギリスのスパークリングとミュスカデ、シャブリで頂きました。

体調不良だったのですが、胃薬・風邪薬を飲んで、自分の体に嘘をつきながら生牡蠣とアルコールという体に優しくないものを流し込んでいました。

延々と牡蠣、しかも生、、、、。
さすがに飽きかかってきたので、
山本さんに取って置きのものを
「これ食べます?」と出しました。
「何ですかこれ?」
「あーフグの肝ですよ」
(勿論フグの肝といってもとらふぐの肝じゃなくてサバフグの肝ですが、、、。)

飄々と「良いですね、死の恐怖より食の興味が勝ちますからね私は」との返事が、、、。
これまた私と同じく変人だこの人は、、。

「フグって環境によって変化しやすい生き物だから100%の保証ないですよ」といいながら食べはじめる。
(お店では絶対にお出ししませんので悪しからず)



・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・!

美味しい!!
かなり美味しいです。カワハギの肝に似ていますが、より濃厚で生臭みがないです。


トラフグの肝を食べた方の話は良く聞きます。それに比べれば全然リスクはないのですが、これをご覧になられた方にご忠告しておきます。例え内臓が無毒のフグでも産地によって毒性が違いますので食すのは絶対にオススメできません。

なので食べちゃだめですよ。


といいながら、私たちは食べちゃいましたが
しかし、なぜ人間は命を懸けながら危険なものを食べるのでしょう。人間の食への貪欲さはほとほとあきれます。
# by artesimposio | 2005-11-30 22:46 |

美しすぎる断面

b0089183_2244197.jpg


どでかポルチーニを真っ二つに割ったらあまりにも綺麗だったので、思わず写真にとってしまいました…。
ホント中々ないですよ。こんな見事なポルチーニ


b0089183_22442457.jpg


ついでに、、、。
同じ“どでか”でもこれには負けます(笑)



1300万円の珍味
珍味のトリュフのオークションがこのほど、イタリア北西部の古城で行われ、約1・2キロのトリュフが約1320万円で落札された。トリュフは地中で生育し、秋から冬に旬を迎える(グリンツァーネカブール)(AFP=時事)10時42分更新
# by artesimposio | 2005-11-12 22:42 |

キターー!! 白トリュフ!!!



b0089183_22391344.jpg



今年も去年と同じくバカ高でしたが仕入れちゃいました。



b0089183_22394870.jpg


どでかポルチーニもついでに、、、、。



今日早速お客さんに白トリュフとポルチーニのタヤリンをお出ししたら幸せそうな顔して帰っていかれましたよ。
# by artesimposio | 2005-11-11 22:37

ジビエ・ジビエ・ジビエ


本格的にジビエの季節到来ですね。やっと安定量入ってきました。

雉、山鳩、雷鳥の写真を貼っていましたが、なぜか貼り付けの調子が悪くてはずしました。

また改めて張りますのでスミマセン、、、。
# by artesimposio | 2005-10-07 22:33 |

夙川の情景

今朝、用事の後時間があったので夙川を散歩していると、

何処からともなくアコーディオンの音色が、、、、。

フラフラとその音の主のもとへ歩いていくと、
ご年配の方が川を眺めながらアコーディオンで柔らかな曲を奏でておりました。

演奏を邪魔しないよう、しばし立ち止まり聞きほれていました。

桜の紅葉はもみじと違い寂しさがありますが、
夙川とアコーディオンと桜の紅葉は情緒があります。

いい町ですね、、。夙川は
# by artesimposio | 2005-09-04 22:26 | 戯言

淡路産天然海鰻

b0089183_2255941.jpg


携帯画像なので見にくいですが、海に棲む鰻です。
かなりレアな鰻です。 
食感、旨味、風味どれをとっても養殖とは雲泥の差ですね。白トリュフと中国産のトリュフ並みに違います。そりゃ~もうその差は歴然としています!

一本しか仕入れることができなかったのでお早めに、、、。
ちなみにまな板の下に写っている魚はヒメジです。
# by artesimposio | 2005-09-03 22:22 |

Nome(ノーメ)名前

長らくHPの更新おろそかにしていまして、、、、スミマセン。
イべントやら大丸の出展やらチョコチョコとした仕事が重なっていたので(言い訳です)

しかしジビエの季節ですよ。今年はポルチーニの状態も抜群ですし、白トリュフも相変わらず馬鹿な値段ですが、去年より少し安いです。今年は南半球のホワイトアスパラ(今が時期です)も組み合わせようかなと思っています。
+ジビエですワクワクします楽しみですな~

話は変わりますがアルテシンポジオという名前、長いですよね。
強引にアルテとシンポジオをくっつけてお店の名前にしたのですが、でもさすが3年目にもなるとききなれてきますね。
しかし正確発音するとアル(巻き舌)テ シンポージィオになるので言いにくさ極まりないです。なので日本語のフラットな発音でそのままアルテシンポジオでいっている次第ですが、、、。
それでも長い名前なので名前を訳されることもしばしば、それも愛称見たいなものなので、呼ばれるとうれしいですね。

よくあるのが、
”アルテ”とか”シンポジオ”とか名前をばらして呼んでいただくタイプ。
”夙川の緑の看板のお店”、長いですがこれも非常にわかりやすい呼び名ですね。
番外で、”眉毛の太いシェフがいる店”・・・・・。確かにそうですが、、、。

上記以外に最近よく目にするのが”アルシン”←(特に業者の持ってきたダンボールに書かれている)ちょっと略し過ぎじゃないですか?しかもイタリアンな名前じゃないし、、、。まぁ、それもありなのかな、、。
# by artesimposio | 2005-08-05 21:20 | 戯言

お気に入りブログ

カメリエーレ井原のイタリ...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧