シェフの日日是好日


エノレア アルテシンポジオのシェフ 荻堂桂輔の戯言集  
by artesimposio
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Aosta

Vol.3ヴァレ・ダオスタ初日

初アオスタです。
アオスタはアルプス山脈がど真ん中にあるその名もアオスタ渓谷州の州都です。
さすがど真ん中というだけあって北も南の西も東もアルプスです。
この天然の要塞に、かのローマ初代皇帝オクタヴィアヌスもガリア遠征のためにここに幕領を張ったようで
アオスタの駅を出るとオクタヴィアヌスの銅像が出迎えてくれます。


ホテルを探そうと繁華街を通り抜けますが、
土曜の夜の街を子供たちが走ってます。

・・・・えっ?ここってイタリア?
って思えるぐらい平和な町みたいです。結構観光客も多いですし。
b0089183_22281264.jpg






ホテルを見つけたのでとりあえずレストラン探し
アオスタの1ツ星のレストラン ヴェッキオ・リストロへ行ってみるが満席。

うろうろしながらようやく見つけたお店は
プレトリア門の中に店を構えるヴェッキア・アオスタ。(ホントに門の中にお店があります。ちょっとびっくり)
アオスタの郷土料理を楽しめる店のようです。
PM10:00をすぎていましたが、入れていただきました。スミマセン。

b0089183_22283494.jpg

Donnas ドンナス Nebbiolo85% Freisa e Neyret15%
ドンナス(地名)で生産されるワイン。
華やかでいかにも高冷地でネッビオーロが生産されるとこうなるのだなぁと感じるワイン。
私好みです。


b0089183_22295272.jpg

王道、フォンドゥータ アッラ ヴァルドスターナ〈アオスタ渓谷州風フォンドュー)。
ピエモンテーゼ(ピエモンテの)と作り方は同じみたいです。
卵黄が入るので下の火も申し訳程度。
じゃないとモロモロになっちゃいますよね。
添えてあるクロスティーニがサクサクです。

やっぱりフォンティーナは最高フォンティーナじゃなきゃフォンドゥータは作っちゃだめです。



b0089183_22301153.jpg

アオスタのサラミの盛合わせ
ラ・ル・ド旨い!!

真ん中にあるのはマロングラッセ、これを添えるのが伝統だとか、、。



b0089183_22303082.jpg


アオスタ風ミネストローネ
お米の入ったミネストローネです。
ほっこりします。。。



b0089183_23301465.jpg

アオスタ風ラザーニャ

フォンティーナがたっぷり乗ってオイシィー!!!


b0089183_23315521.jpg

〆は栗のムースのテゴリーノのせ

本場のテゴリーノはネチッとしてるのね?



アオスタのワインは一様にして赤はライトボディ、白はリンゴ酸ですっきりしたなものが多いようです。
標高が高いのも理由のひとつでしょが、これだけこってりしたチーズを毎日食べておればワインは軽いほうがいいかもしれません。
だって食事は毎日ですから、フルボディだと疲れちゃいますよ絶対。
大切なのは食事とワインのバランスですね。


絶対にハイジのオンジの飲んでるワインは軽いはず。




ヴェッキア・アオスタさんおいしかったです。
ありがとう。
by artesimposio | 2007-03-23 22:27

Domodossola翌日

Vol2、ドモドッソラ翌日

待ち人は朝になっても来ず。。。


仕方がないのでドモドッソラの毎週土曜日の開かれるメルカート(市場)に繰り出します。

b0089183_13525738.jpg

大小何十もの屋台が所狭しと並びます。
肉、魚、野菜、衣料、雑貨ここに来ればなんでも手に入ります。
特に~Nostrano(ノストラーノ)と書かれた食材はこの地域で作られた物なので
非常に面白いものが多いです。
Carne salata nostrano  Pecrino vecchiato nostrano Salame nostrano
アルプスの麓にある町なので色々な食肉やミルク、特異な気候ならでわの保存食品、、、。

宝の山です。。
とりあえずここでは、Grasso di Ossolano(オッソラ地区のフォンティーナに似たチーズ) Prosciutto di Capra(山羊の生ハム) Salami di capriolo(ノロジカのサラミ) Carne salata di nostrano(いわゆるブレザオラ) Formaggio di capretto stagionato nostrano(山羊の熟成したチーズ)と買いました。
                              こちらは現在あるものです



ホテルに帰り、それらを試食。。。

まいうー!!

特にノロジカのサラミは熟成させたタルタルのような味わい
表現は悪いですがとにかく美味しいです。





兎にも角にも

私を散々待たした相手にも連絡が取れひと段落。

スイスの氷河鉄道に乗ってて遅れたそうで、、、、。

・・・あっそう、、。


昼にはドモドッソラを出発するつもりでしたが、15:30ドモドッソラ駅がランデブー・ポイントなのでもう少し滞在します。





先ずは腹ごしらえということで、
ドモドッソラの地方料理の名店Sciollaに
b0089183_1421387.jpg


ワインは微発泡のバルベーラ
うん 懐かしい味だ。。.美味しい!#IMAGE|b0089183_14242866.jpg|200703/15/83/|mid|1095|821#]

ラグーソースとグラッソ ディ アルぺのポレンタ
このポレンタ最高!!!!
b0089183_14285986.jpg


栗のニョッキ
初め栗そのまんまかと思いました、ソースは生とポルチーニのソース。
このソースも懐かしいノスタルジックです。
ヤバイこれはかなりレベルの高い皿です。
b0089183_14312976.jpg


メイン、ウサギと仔牛、飾りつけはさておき美味しいでした。
b0089183_14332621.jpg

b0089183_14335694.jpg


サービスで頂いたコントルノのカタラーニャのパン粉炒め
少し苦めの野菜です。
これは美味い、旨い、うますぎる~! 
初め出てきたときはこれってパン粉で炒めてる?。。。汗
って少し引いたのですが美味しいですこれはかなり。
b0089183_143719100.jpg


グラッパもご馳走になりました。
ありがとうございま~す。








まだ時間があるので少し散歩。
おっきな松ぼっくり発見!
b0089183_1439784.jpg






待ち人来た。ので、そのままアオスタに出発!
あまり待たした事に悪気を感じていないのが気になりましたが、、、。
by artesimposio | 2007-03-15 14:45 |

Domodossola

Vol.ドモドッソラ
b0089183_0413637.jpg






久々のイタリア!

嬉しくて前の晩から眠れませんでした。

14時間の苦痛の飛行機に揺られて4年ぶりのイタリアです

Finarmente!やっとこさ来られました。

ミラノ・マルペンサ空港
Pm8:30のドモドッソラ(ピエモンテ州の北にある小さな村)行きのバスがあるのでずっと待っていたのですが
Pm9:00になってもバスは来ません。。。

Pm9:30にミラノチェントラーレ(中央駅)からのドモドッソラ最終が出発なので
先ずは間に合いそうにはありません。(ミラノマルペンサ(空港)からミラノ中央駅まで結構距離があります)

でもドモドッソラで待ち合わせがあったのでどうしてもいかなければなりません。。。
待ち合わせの相手に電話しても繋がらないし。。。。

しょうがないのでタクるか。とタクシー乗り場まで、、。
タクシーのおっちゃんに交渉するとドモドッソラまで200€!! っええ!
高っ!!
150kmはあるからとか言われましたが、100€まで交渉。

何とか
ドモドッソラへ、、、、到着


約束の人間は現地にはいませんでした、、、、、、、、、、、、。


・・・とりあえず寝るか、、、。
by artesimposio | 2007-03-14 01:34 |

フォロー中のブログ

カメリエーレ井原のイタリ...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧