シェフの日日是好日


エノレア アルテシンポジオのシェフ 荻堂桂輔の戯言集  
by artesimposio
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:旅( 4 )

USJ

上の娘と前から約束していたUSJに、、、。
秋休みに一緒に行く予定でしたが
下の娘が風邪をひいたので約束が引き伸ばしになっていました。
僕の休みは平日なので娘の学校が終わってからですが、、、。
閉園は8時、時間は少ししかありませんが娘はうれしそう。。。ゴメンネ。

装飾もクリスマスバージョン!

b0089183_2326759.jpg



イベントもクリスマス。

b0089183_2328629.jpg

b0089183_23294889.jpg

娘たちも大はしゃぎ。
結構、凝ってます。

ツリーもきれいです。
b0089183_23313341.jpg


お腹が空いたというので
USJ内で食事
オニオンブロッサムを注文

前から一度食べたかったんだな~これ
クリスピーな食感が心地よいです。
もっと違うソースないのかなぁ
b0089183_23332560.jpg



b0089183_2335187.jpg

バスペールエールを堪能しました。
イギリスではビールとエールの違いははっきりしてますからね
やっぱり別物です。
美味い!!

夜のUSJもいいですね綺麗で
by artesimposio | 2008-11-26 23:22 |

Cervino

Vol5 チェルヴィーノ後編

b0089183_13631100.jpg


雪積もりすぎです。。。。

アオスタはアンナに暖かかったのに、、、。
標高差をなめていました

これではピクニックどころではありません。

ビチャビチャになること間違いなしです。
しかも今日はスーツ。。orz スーツでピクニックに行くのもどうかと思うのですが、、。



仕方がないのでチェルヴィーノ散策。。
b0089183_13251785.jpg


綺麗な町ですね。

しかし町行く人は皆、スキーウェアーを着た人ばかりです。
そりゃそーだ。

確かに美しい町ですが革靴で歩くには危険な町です。
大谷はおもいっきりこけて手をずるむけていました。



ここでスキー客に紛れてピクニックするわけににもいかず。
この町で評判のリストランテに行くことに

チェルヴィーノからさらに車で上にいきます。
薄着の私たちには寒風が骨にしみます。
b0089183_13543640.jpg

Hotel Cime Bianche チーメ ビアンケ 白い頂

まさに山の頂にあるお店、しかも食事はテラスでした。

b0089183_148680.jpg

ブラン ド モルジュ レイヨン ソレイユ

すっきりした果実味豊かな白です。
チーズの濃厚な料理にピッタリ。

b0089183_14114269.jpg

鹿の赤ワイン煮込みポレンタを添えて

ポレンタが最高においしい。
今のところポレンタ 当たりばかりです。

b0089183_14131540.jpg

アオスタ風ミネストローネ

お米の入ったミネストローネ
体があったまります。

b0089183_1414496.jpg

アオスタ風カツレツ

チーズの海にカツレツが浮いています。

b0089183_1415195.jpg

山のサラミの盛合わせ

アルプスのしっかりしたサラミは噛み締めるほど美味いです。

b0089183_14162183.jpg

フィオケッティ

きんちゃく型のラヴィオリ

うまい!これは最高です。フレッシュなチーズとスペック(生ハム)の具と卵黄のソース
これぞ絶品!

b0089183_14181083.jpg

ズッパ ディ ゴーラッシュ

・・・・・トレンティーノの郷土料理のはずだけど、、。
ここでも食べるっていてるから注文してみる。


b0089183_14193426.jpg

カッフェアミチツィア 友情のカッフェ

エスプレッソ、グラッパ、ジェネピリキュール、レモンの皮、砂糖を混ぜ
容器に入れて皆で回し飲みする。アオスタの伝統的な飲みもの。
木の容器に人数分の口が付いています。

b0089183_14252370.jpg

結構飲むのにコツがいります。


あーおいしかった。
ここも当たりでした。



山を降りてチェルヴィーナの町を再び散策。
先ず
b0089183_14284236.jpg

チェルヴィニアの山のプロシュートをGet!
おいしいです。

しばらく歩いていると寒くなったので、ワインバーに入る
b0089183_14305872.jpg

レ クレスのピノノワールのオーダー
アオスタのワインは淡く華やかなものが多いです。
by artesimposio | 2007-04-25 14:33 |

Domodossola翌日

Vol2、ドモドッソラ翌日

待ち人は朝になっても来ず。。。


仕方がないのでドモドッソラの毎週土曜日の開かれるメルカート(市場)に繰り出します。

b0089183_13525738.jpg

大小何十もの屋台が所狭しと並びます。
肉、魚、野菜、衣料、雑貨ここに来ればなんでも手に入ります。
特に~Nostrano(ノストラーノ)と書かれた食材はこの地域で作られた物なので
非常に面白いものが多いです。
Carne salata nostrano  Pecrino vecchiato nostrano Salame nostrano
アルプスの麓にある町なので色々な食肉やミルク、特異な気候ならでわの保存食品、、、。

宝の山です。。
とりあえずここでは、Grasso di Ossolano(オッソラ地区のフォンティーナに似たチーズ) Prosciutto di Capra(山羊の生ハム) Salami di capriolo(ノロジカのサラミ) Carne salata di nostrano(いわゆるブレザオラ) Formaggio di capretto stagionato nostrano(山羊の熟成したチーズ)と買いました。
                              こちらは現在あるものです



ホテルに帰り、それらを試食。。。

まいうー!!

特にノロジカのサラミは熟成させたタルタルのような味わい
表現は悪いですがとにかく美味しいです。





兎にも角にも

私を散々待たした相手にも連絡が取れひと段落。

スイスの氷河鉄道に乗ってて遅れたそうで、、、、。

・・・あっそう、、。


昼にはドモドッソラを出発するつもりでしたが、15:30ドモドッソラ駅がランデブー・ポイントなのでもう少し滞在します。





先ずは腹ごしらえということで、
ドモドッソラの地方料理の名店Sciollaに
b0089183_1421387.jpg


ワインは微発泡のバルベーラ
うん 懐かしい味だ。。.美味しい!#IMAGE|b0089183_14242866.jpg|200703/15/83/|mid|1095|821#]

ラグーソースとグラッソ ディ アルぺのポレンタ
このポレンタ最高!!!!
b0089183_14285986.jpg


栗のニョッキ
初め栗そのまんまかと思いました、ソースは生とポルチーニのソース。
このソースも懐かしいノスタルジックです。
ヤバイこれはかなりレベルの高い皿です。
b0089183_14312976.jpg


メイン、ウサギと仔牛、飾りつけはさておき美味しいでした。
b0089183_14332621.jpg

b0089183_14335694.jpg


サービスで頂いたコントルノのカタラーニャのパン粉炒め
少し苦めの野菜です。
これは美味い、旨い、うますぎる~! 
初め出てきたときはこれってパン粉で炒めてる?。。。汗
って少し引いたのですが美味しいですこれはかなり。
b0089183_143719100.jpg


グラッパもご馳走になりました。
ありがとうございま~す。








まだ時間があるので少し散歩。
おっきな松ぼっくり発見!
b0089183_1439784.jpg






待ち人来た。ので、そのままアオスタに出発!
あまり待たした事に悪気を感じていないのが気になりましたが、、、。
by artesimposio | 2007-03-15 14:45 |

Domodossola

Vol.ドモドッソラ
b0089183_0413637.jpg






久々のイタリア!

嬉しくて前の晩から眠れませんでした。

14時間の苦痛の飛行機に揺られて4年ぶりのイタリアです

Finarmente!やっとこさ来られました。

ミラノ・マルペンサ空港
Pm8:30のドモドッソラ(ピエモンテ州の北にある小さな村)行きのバスがあるのでずっと待っていたのですが
Pm9:00になってもバスは来ません。。。

Pm9:30にミラノチェントラーレ(中央駅)からのドモドッソラ最終が出発なので
先ずは間に合いそうにはありません。(ミラノマルペンサ(空港)からミラノ中央駅まで結構距離があります)

でもドモドッソラで待ち合わせがあったのでどうしてもいかなければなりません。。。
待ち合わせの相手に電話しても繋がらないし。。。。

しょうがないのでタクるか。とタクシー乗り場まで、、。
タクシーのおっちゃんに交渉するとドモドッソラまで200€!! っええ!
高っ!!
150kmはあるからとか言われましたが、100€まで交渉。

何とか
ドモドッソラへ、、、、到着


約束の人間は現地にはいませんでした、、、、、、、、、、、、。


・・・とりあえず寝るか、、、。
by artesimposio | 2007-03-14 01:34 |

フォロー中のブログ

カメリエーレ井原のイタリ...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧