シェフの日日是好日


エノレア アルテシンポジオのシェフ 荻堂桂輔の戯言集  
by artesimposio
プロフィールを見る
画像一覧

雨雲の果て2

時間が来たのでメンバーを一人づつ車で狩りに行く

「自分ら、パイロット並みの待遇やなぁ~」

有無を言わせない。


はたしてメンバーを揃えるが
バーベキューに行く日とは思えないぐらいの暴風だ。

「高知まで行って雨だったらホンマにバカやろうな」

あんまり冗談には聞こえない、、、、。



ハイテンションとはいえない中一行は高知を目指す。


6:10過ぎ
途中本州を抜ける明石大橋を渡る

・・・・・橋の高い部分が雨雲に突き抜けた異様な威圧感が
前途に多難さを感じさせる。


7:40
道なりにそのまま高速道路で徳島の奥地に入っていくが、あまりにも単調なまっすぐな道が続くので、眠気が車懸りの陣で襲ってくる。

このまま事故るとアルテシンポジオ全滅なので、三好付近で一般道に降りる。


まっすぐ目的地に行かないのが休日の醍醐味と皆を言い聞かせながら高知に向かう



8:50
”こぼ危渓谷トンネル”

危渓谷 ・・・そんなジャンルがあるんだ。 やっぱり谷が深い危険な渓谷につく名称なのかな

スゲー 初めて知った! 旅っていいね、色々な出会いがある



「それって大歩危 小歩危の小歩危ですよ」

・・・・・・・・。
え? あの四国の変わった名前で有名な、、、、、。
ハハハハハハ、、、、、、、、、。



こぼ危ってひらがなで書くな!ハジかいたやんか!!

確かに昔は歩くのは危険が今でもわかるほどの渓谷でとても美しい。
吉野川もこの雨のせいか霧がかかっていて、今まで見たどんな渓谷よりも神秘的だ。

ん~しかし日本人のこの感性どうにかならないのかな、小歩危食堂、大歩危温泉、喫茶小歩危
ちょっとおもろい名前やったら商売にあると思ってやたらめったらつけたがる。
それを思ったらさっきのこぼ危トンネルのひねり方は結構良かったかも、


10:10
日本一の杉の大杉を越え高知市に入る。
まだどんよりした雲が町を覆っている。

本当は桂浜によりたかったが、雨雲が心配なので先に進むぜよ。



11:40
須崎あたりで晴れてきたので浜を探しバーベキュー

b0089183_22113650.jpg

この後ガッツリ晴れました。



14:30
やはり、ここまで来たので


b0089183_0422959.jpg


旧中村村四万十川にもいってみる。
須崎からも結構遠い、、、。

雨天のため日本最後の濁流




明日も仕事なので直帰。

結構大変でした。
by artesimposio | 2006-07-27 00:45 | 戯言

フォロー中のブログ

カメリエーレ井原のイタリ...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧